2020.08.22 キュウリの子ヅル

今回のキュウリは2本立ち。

初めに植えたキュウリの収穫が終わりになった頃、また新しく苗を植えました。この暑さの中でぐんぐん伸びてきたので子ヅルを整理しました。(「整枝」と言います。)

地面から6節くらいまでは全部の子ヅルをかき取り、そこから上は子ヅルの二節目で先を摘んでおきます。今回は全ての苗が根づいたのではなく、少し間が空いてしまったところがありました。そこは、隣の苗から元気な子ヅルを1本横へ伸ばして、2本立ちにすることにしました。こうして整枝しておくと風通しが良くなり、病気が出にくくなったり収穫量が増えたりします。

また、初めにできた実(1番果)は苗に負担をかけないために早取りする方がいいそうです。

猛暑の中、水分を摂りつつ熱中症にも気をつけて作業しています。