2018.4.3 散策道の整備

すっかり春らしく、いや春を通り越して初夏の暑さです。これから山を歩く人も増えるので、落ち葉で見えなくなった散策道、落ち葉掻きを行いました。

2018.3.25 妙見山 間伐作業

月に一度の妙見山ヒノキ林の間伐作業です。ここの材はクラブで使用していますが、今年からは、森林ボランティア協会との協働作業で、未利用木質資源有効活用事業に利用されます。

2018.3.20  シイタケが出てきました。

暖かくなって、適当に雨も降るので、シイタケが出始めました。シイタケにも品種があって、これは290号、ニクマルと呼んでます。山から伐採してきたコナラ、クヌギに植菌して、2年~3年でこのようになり、数年は出続けます。

2018.2.7 フクロウの巣箱を設置

フクロウの巣箱を設置しました。地上5mの所に設置しますので、木登りの得意なメンバーが大きな松に登って設置しました。鳴き声をよく聞くというので設置しましたが、営巣してくれるか楽しみです。

2018.1.13 資源利用のための森林整備

里山で薪やシイタケ栽培のために、コナラやクヌギを伐採します。 今年はそれらの材が持続的に採取できるように、台場になるように伐採しています。シカの害を受けないように高いところで伐採して、台場クヌギの復活を目指します。

2017.12.19 さともり事業 竹林整備

さともり事業、今年最後の竹林整備を行いました。みぞれの降る寒い1日でした。 暗い竹林が間伐によって明るくなって行き、来年のタケノコが楽しみです。 伐った竹は、松飾りイベントに利用します。